行政書士の通信講座に必要な費用を調べておこう

話す聞く食べるを支援

診断

資格を取得するには

言語聴覚士は、何らかの原因から、話す、聞く、食べるということに問題を持っている方の支援をする仕事です。コミュニケーション能力の改善や、嚥下障害の訓練、言葉の発達の遅れの支援など、様々な仕事があります。多くの活躍の場がある言語聴覚士になるにはどうしたら良いのでしょうか。まずは国家試験に合格し、資格を取得しなければなりません。国家試験の受験資格を得るには、3つの方法があります。高校卒業後、専門の養成学校で3年以上学ぶというもの、指定されている科目を履修できる大学で学ぶというもの、大学卒業後、専門の養成学校で2年以上学ぶというものです。全国各地に多くの学校があるので、通いやすく自分に合った学校を選ぶと良いでしょう。

やりがいのある職業

言語聴覚士の仕事は、とてもやりがいのあるものです。困っている患者に寄り添い、回復のお手伝いをすることは、大変有意義です。子どもからお年寄りまで、長い期間にわたってサポートすることも多いので、様々な経験を得られ、自分の人生にもプラスになります。また、言語聴覚士は医療職ですが、特徴の一つとして、夜勤や当直がないということが挙げられます。家庭を持ちながらでも働きやすく、生活との両立がしやすい職業です。必要とされる場所も多く、病院などの医療機関、高齢者、障害者などの福祉施設、支援学校などの教育機関でも活躍が期待されています。学校や就職先を選ぶ際は、自分がどういった言語聴覚士になりたいのかを考えると決めやすくなります。