行政書士の通信講座に必要な費用を調べておこう

資格を得て希望の職業に

女の人と子供

色々な選択肢を検討する

保育士になるためには、保育士資格を得る必要があります。保育士資格は、国家資格であり、厚生労働省指定の養成機関を卒業すると、試験を受けることなく保育士の資格を得ることができます。短期大学、専門学校、4年制大学などが指定の養成機関になりますが、早く保育施設で働きたいという方には、2年で資格を得ることができる短期大学や専門学校がお勧めです。保育や児童に関する幅広い知識を得たい人は4年制大学でじっくりと学ぶことができます。また、これらの学校を卒業しなくても、保育士国家試験に合格すれば保育士になることは可能ですが、合格率が10パーセントから20パーセントと低いので、専門的に学べる学校を卒業することが保育士になる近道です。

ニーズに対応できる学習

大学で保育を学ぶメリットは多くあります。最近では、認定こども園のような、保育園と幼稚園の機能を併せ持つ教育機関が増えており、保育士資格だけでなく、幼稚園教諭資格を持っている人の需要が高くなっています。大学では、2つの資格を同時にとることができるコースもあり、保育だけでなく、児童の発達に関わる多くの事を4年間かけて学ぶことができます。専門学校では専門知識を2年間で習得する必要がありますので、かなり忙しいスケジュールになりますが、4年制大学では同じことでもじっくりと4年間で学ぶことができるので、余裕をもって保育士になる準備ができます。また、コースによっては実際の保育施設での実習などもありますので、入学説明会やオープンキャンパスなどに行ってみましょう。